Home > ステーショナリー Archive

ステーショナリー Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ほぼ日weeksの予定欄が残念...

ほぼ日weeks

毎年この時期は手帳に悩むけど、今年はあのほぼ日から新しい手帳「ほぼ日weeks」が出る
っていうことでずっと楽しみにまってたわけですが。

結論から言えばかなり残念...。これ別にほぼ日じゃなくても似たようなのアリマスって感じで。
特にウィークリー欄が、横軸にダーっと時間が書いてあるのはかなり使いにくいので個人的には
一番使いたくない部類の手帳。

レフト式は、画像のようにバーティカルを折り畳んだような形式が好き。
能率ではゾーンタイプって呼んでいるみたいですね。

予定欄は、名前の通り予定を書く欄であると同時に行動履歴でもあるし、予定と予定の間が
数時間あく人はいいけど、1時間単位で記入するにはスペース的不足感満載で不向き。

その意味で、今回のほぼ日weeksは、個人的には失敗作。テーマであるスポーティは、それを
最も具現化しているであろう営業系の人たちに対して、あまり向いてないレイアウトで
あるように思う。ほぼ日はそのあたりのところをちゃんとついてくるもんだと思ってたから
今回はかなり残念。

せっかく縦長に作ったんだから、もう少し厚みが出るのを許容してよかったと思う。「ほぼ日なんだから」。
バーティカルの予定欄を上から3/4使う。時間軸はほぼ日らしくざっくり。毎ページにある1/4のスペースが他手帳より多いフリースペースでこれがほぼ日weeksの特徴なんだよ!ってくらいにしてほしかった。
もしくは1週ごとにフリーページ1ページ。(これはちょっと使いにくいかなぁ...)

あるいは全面方眼紙を使ったゾーンタイプ。

いずれにしても、こんな従来と同じものをほぼ日が作りましたってのはかなり切ないです。

ROHDIA CLIC BLOCを買ってみた。

家でも仕事場でもノートパソコンを使う私はあまりマウスを使いません。

でもパワーポイントでスライドの細かい作り込みをしてるときや、大きなエクセルの表を扱うとき、もしくはネットで調べ物をしてるときにはホイールでガリガリスクロールしたくてマウスがほしくなる時があります。

しかしいざ使おうと接続してみると、私はデスクにデスクマットをひいてるせいか、おそらく反射の影響でうまくマウスが動かない。

そこで、以前BizIDでも紹介されて少し気になってたロディアのクリックブロックを昨日購入し、本日より使って買ってみました。500円の品です。

clicbloc.jpg


このクリックブロックは、メモ帳をマウスパッドとして使うというもので、もちろん紙製。裏面はゴム塗装のような肌触りで滑り止め加工されてました。信頼文具補さんのクリックロックのページで詳しく紹介されていますが、普通のロディア上がとめてあって下から上にめくってピリッと切り取りますよね。

信頼文具補さんの表現をそのままお借りすると

今回「ちゃんとしたマウスパッド」になってうれしいのは写真でご覧のとおり、手元側綴じになった点です。
これで、手首が当たってページがめくれ上がる心配は無くなりました。

なめらかな用紙で光学式マウスでの滑走はスムーズ。
ページのうねりは少なく、ポインターの動きもこまやかです。



というわけで、切り取る時には上から下方向にピリッとやる構造で、そのおかげで手首で紙がめくれないという仕組み。
手元だけでなく横も横も片方だけ綴じられてます。L字型に綴じてあるんですね。おかげで縦向きにも横向きにも使えます。

30枚綴り。私の場合書かれるメモは、ほとんどが電話メモと思われますが、どのくらいのペースで消耗するか、またレポートしたいと思います。

購入した店はなんばCITYのB2にあるセレクトショップ。
他にもSONY PLAZAのwebサイトにも載っていました。

プラチナ:preppy(プレピー)万年筆買ってみた

Biz.IDでも取り上げられてたプラチナの低価格万年筆Preppy(プレピー)万年筆」を買ってみました。¥210ナリ。

Biz.IDで

低価格ながら、ペン先には高級万年筆に使われるイリドスミンを採用した。


と紹介されていて、気になって購入。安い万年筆なら普段から気にせずガシガシ使えるかな~と思って。

preppy.jpg


見た目はこんな感じ。手触りは全体的に角がない曲線で構成されたプラスチックなのでしっくりくるというか馴染むというか、違和感ないです。

手持ちの万年筆で比較対象になりそうなものは...LAMYのSafariしかもってないので並べてみるとこんな感じ。

hutosa.jpg


長さはほぼ同じです。太さも似たような感じですね。ただ、safariはグリップ部分がカットされて持ちやすくなってますが、preppy万年筆は滑り止めもなく素のままの円柱。持ちにくいと感じる人がいるかも?

特徴っぽいのはペン先でしょうか。インクの色と同じになってます。インクはもちろん購入時はささってないので、インクは黒が使いたいけど、ペン先は赤がいい!なんて人は本体購入時にいきなりインクカートリッジも購入してカラーコーディネートを楽しむってのも一つ選択肢かもしれません。

pensaki.jpg

Continue reading

HI-TEC-C Coletoに3色バージョン

ほそ~く書けることで人気のハイテックCコレト(PILOT)。今まで2色選べる本体だけでしたが、新たに3色バージョンが出ていました。

coleto3


本体にはクリア以外にもブルー・ピンク・ブラックが追加されました。追加の本体には握る部分に波状のラバーグリップが装備されて、滑りにくく改良されています。

coleto3-2.jpg


リフィルも新色が登場し、今までの0.3mm、0.4mmに加えて0.5mmが追加ラインナップ。

選択肢がまた増えましたね!もういっそ、以前紹介したことのあるクリップオンマルチ改みたいなのを出してくれたらいいのに。


ちなみにクリップオンマルチ改は、コレトのリフィルを2mmほどきって、ゼブラのクリップオンマルチのリフィルと入れ替えるというナイスアイデア。wakuwakuライフさんが詳しいです。

ブックマーク的に使いたいクリップ

clip.jpg


"蛍窓舎"さんで見つけたこのクリップ

めちゃめちゃ味があって惚れました。
でも使い道が...

このクラシカルクリップ、書類のかどにあわせてクリップにある通り1,2,3,の順で書類のかどごと折りたたむタイプ。

お客さんに渡す書類はできるだけ折りたくないし、書類は順番がわからなくなると困るのでたいていホチキスでとめてしまうため、仮止めみたいにクリップを使うことはあまりありません。

ページに書いてあるように個人的にはブックマークとして使いたいです。現在は有名なブックダーツをその用途で使っています。

でも....うわ~、コレ、本当にみればみるほどほしくなってきた...

Home > ステーショナリー Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。